T2T2’s diary

アウトプット

201030思考の整理 変化する自分に取り憑かれる

日の目標】

・時間通りにいかないため他人を巻き込んだら、素直にお礼を伝える

 →自分の時間を優先していないか

 →他人との時間を共有することは、互いに時間を割いている行為

   →当たり前でない(アンパンマンも自分を分け与えている)

 

・学習中のアウトプット(仲間に1時間の勉強内容の報告)は当たり前ではない

 →もっと意味のあるアウトプットをする

 →話す前に

   ①伝えることの詳細をつめる 

   ②大まかなフロー から 具体的な情報の精査をする

 

0秒思考の練習】

散と集約を繰り返す行為

車が目の前を過ぎ去るように、過ぎ去ろうとした思考を言葉にする行為

 

◯:題目 思考の種となったもの

△:飛躍 思考の本流から伸びた枝葉

□:感想 閑話休題、まとまらないまとめ

 

◯ くことについて

自分の存在理由を世界に叩きつける行為

 →私は、このような世界にしたくて、このような方法で世界を変える

 →「この人がいる前と、後だと世界は、こう変わったよね」 未来への残滓

・何のために働くのか?

 以前→ 会社を向いて働く        

 今 → 会社の先にある未来に向いて働く(マインドのベクトルを重要視) 

・手伝いたいこと

 →生きている意味を探し出す手伝いをしたい

 →自分の価値を自分自身で見つける体験を、Webの力で実現する

 

◯ わりを決める or 続けてしまうのは何故か?

・時間で終了することができない

 →きりのいいところで終了させたい気持ち

 →誰にも縛られていない日は、ずっと作業をしてしまう

・今はいいかもしれないが必ず不調が出ることが目に見えている = 改善必要

 →中途半端で終わらせる勇気を持つ

  →ここで終わってなかったら、次始めた時忘れてるかも

  ≒忘れていても復習できる機会と捉える

 

 →ずっと作業をしてると言っても、休憩はとっている

  →1つの作業時間を区切り、休憩をとるサイクルを導入する

  ≒決められた時間という制限を設けて、それによる自身の向上へ繋げる

 

◯ ーズを見つける

・誰のニーズを知ることから始めるのか決定する

 →対象のニーズ(=現場でしている人の声を聞く

・今までの職歴などの体験を絡めて考える

 →いままでその中の人であり不平不満が存在していたなら、それを解決する方法

 →学生、部活、習い事、サークル、仕事など、抽斗は無数にある=自分を深ぼる