T2T2’s diary

アウトプット

210626アウトプット メモのある暮らし

日の振り返り】

間】私の行動の前に時間は平伏すが、結局時間でしか計測出来ない

・7h:睡眠

・1h:ブログ+思考日誌+TwitterFacebook+0秒思考

・1h:もくもく会

・11.5h:AWS学習

・3.5h:その他

 

動】今日はどんな遊びをしたのか?

【自分用整理】
・EC2(Rails2.6.5の環境構築をする)
→EC2にRails2.6.5環境+MariaDB+Gitクローンするための公開鍵+秘密鍵設定
※ApachやNginはまだ

EC2をAutoScalingで再起動させるためのテンプレ作成(環境構築出来たものを増やす)
・プライベートにEC2、パブリックにBastionEC2を構築(AutoScalingで作成したEC2にアクセス用)
・scpコマンドでBastionにEc2のアクセス鍵をコピー
→AMI作成(bastion,本番EC2)
→本番EC2 CloudWatchエージェントまでインストール済み →CloudWatchでログの確認ができる(実際には不要)
ミスった?aws cliをダウンロードしたバージョンはあるのに環境構築AMI消えた(上書き?)まで復旧する(明日はEc2 aws cliをダウンロードする(疎通確認含め))・ALB作成(どちらかというとHTTPS通信のため(ACM付与))

・Route53をALBを対象にする
DNSサーバー
→ALBにACMを付与するOK。おそらくEc2が正常に動けばHTTPS通信完了
→ただし、Route53でALBからEC2の状態を確認してNGならS3へリダイレクトするに関しては、ALBにACMを付与していても、失敗ならばRoute53からS3へのリダイレクトとなるため、アクセスはHTTPS通信として対応していない状態(もうAWSに感心した。もしHTTPSしたいなら、CloudFrontを作成しなさいという啓示。)

・AutoScalingで構築されたEC2からS3にアクセスできる、SG作成(S3側にもEC2?ALBからのアクセスを許可する)
→その過程で環境構築Ec2のAMIを上書き消去してしまう(上書きした状態であったが、S3へアクセス確認済み)

・CloudFrontの構築(ACM)でS3へのアクセスもHTTPS通信を実装

________________________
・Ec2にgit cloneしてアプリケーションをのっける 

 

 11.5時間で構築したことの反省というかメモ。

 21時からポチポチ構築していて午前中に構築した環境が、反映されていないことに途中気がついて冷や汗。いらないからすぐ捨てるのは、あまり宜しくない。ある程度目処がついてから消去などはしていく。