T2T2’s diary

アウトプット

201023思考の整理

日の目標】

 全ての行動において魂を揺さぶるような体験として挑戦していく

余計なことを考えずに、ひたすら目の前に集中する

記憶のメカニズムに沿って、思い出す作業(=口に出す)を繰り返して定着を図る

聴くことを主体的戦略として取り込む、聴くは受動的ではない

 

0秒思考の練習】

散と集約を繰り返す行為

車が目の前を過ぎ去るように、過ぎ去ろうとした思考を言葉にする行為

 

◯:題目 思考の種となったもの

△:飛躍 思考の本流から伸びた枝葉

□:感想 閑話休題、まとまらないまとめ

 

◯ 今日すべき事

・プログラミング学習 9時間

・相手の話に相槌をもっと強烈にして、印象付ける

 →懐に入る戦略

・学習の方法を改善

 →ノートよりも声に出す

 

◯ 聴く力を高める方法

ボディランゲージ感情のリアクション

・目的=印象付ける・信頼をもたれる

 →今後テレワークにおける、画面越しの人間関係構築についての実験

・ボディランゲージ

 →うなずく、拍手

・感情のリアクション :相手が話している際はミュートのため表現が難しい

 →笑う、「ほー」って顔

 

◯ 質問力を高める

・相手の話から想像する力 = 抽象を具体化する作業

 →ビジョンで捉えるイメージを持つ

・相手の話から頭に残ったもの

・実際のメモ

 →ヒントを頼りに、相手の話を自分の中で再構築する(=仮説を持つ)

・仮説に対しての疑問質問を、相手にレスポンスする

 →話を”ちゃんと”聞いていると思われる

 

・会話のテンポの中で、瞬時に上記の作業をすることが出来るのか?

 

◯ 話をする前に、思考の整理をしてから話す

・話をまとめる(下記は、最近話す時に自分が考えているフレームワーク

 →要点

 →何をするものなのか

 →要点:まとめ

・”何をするものなのか”の下に、要点を抽象化して例え話を取り入れる

・例え話 = 抽象化の訓練(遠すぎると伝わらない)

201022アウトプット 18日目

TECHCAMP18日目

日の振り返り】

昨日と比べたら、イライラすることもなく学習を行える

一度テキストの全てを流し読みして、出てくる要点をメモする。

そこから再度テキストの頭に戻り、コードを記述していくように作業を分ける。

自分にあった方法なのかもしれないので、明日も続けられるように努力する。

どんどん自分の方法、努力、選択を向上させていく。

 

習事項】

◯ application.rbファイル

レールズの全てに共通する環境に関したファイルです。
そのファイルに記述して設定した国の時間などを取得することができるようになります


◯ lメソッド

ビューに記載することで、application.rbからの時間を表示することが可能となる

 

◯ has_one_attached :引数 

レコードと画像を1対1で紐づけてくれるメソッド

 

◯ image_tag

ビューの表示の際にモデルから画像を引数で記述するだけで引き出せる方法です。

 

◯ attached?

image_taguを使用すると全てのカラムに対して適応するので、画像が保存されていないカラムを判別するために記述します。

true or falseで画像が保存されているのか確認できるので、カラムに保存されていない場合は表示がされることはありません。

 

◯ variant

ビュー画面で画像をimage_tagで引き出してきた画像に対して、サイズの調整をすることができるものです。


◯ afterメソッド

任意の処理の後に指定の処理ができます。
単体テストコードで、ファクトリーボットで作成したメッセージに

画像を添付するなどの操作を実行することが出来ます。

 

◯ click_onメソッド

結合テストの際にボタンを押すことを再現できるものです。以前の結合テストでは、find().clickを使用していますが、こちらの方がメソッドの取得もなく記述が楽になる場合もあります

201022思考の整理

日の目標】

 

説明できるかどうかで、理解に対する判断をする。

どこまでが知り得る範囲で、どこからが分からないのかを整理する。

冷静さを欠くと「全てが分からないんだ」とする傾向にしがちな自分をコントロールする 

 

0秒思考の練習】

散と集約を繰り返す行為

車が目の前を過ぎ去るように、過ぎ去ろうとした思考を言葉にする行為

 

◯:題目 思考の種となったもの

△:飛躍 思考の本流から伸びた枝葉

□:感想 閑話休題、まとまらないまとめ

 

◯ ぜプログラミングを学習しているのか

・多くの解答を出す事ができる、今のところ1番のものであるから

問題に対してのアプローチを具体的に提示することが出来る

・困っていることの解決 = ビジネスの根幹

多くの人に機会を与える存在になるための方法

 

◯ 日の小ステップ目標の決め方

・「〜を、〜時までに終わらす」のような定義を改める

→「〜を、〜時までに、言葉に出して説明できる」ように変更する

 

◯ 日の、学習において必要なこと

・見てわかるなんて思うな

→解説を見ながら分からないと思っても、コードを書く努力をする

・書くことにより、どこまでが何に該当するのか、どこから不明なのかを切り出す

→見て分からないなんて思うな、やってから考える

 

◯ 分が出来ないことを認める

・初学者で”分かる”なんて痴がましい

→自分が思っているよりも、自分は出来ていないことを知る

→それを知っているから、方法、努力、選択を繰り返し継続すると信じる

・何度やっても覚えられないと思いイライラする

→そもそも何度もって言うけど、実際何回なのかを自問する

→悔しくて苛立つが、だから何ができるのかに焦点を当てる

・冷静に熱くなる

201021アウトプット 17日目

TECHCAMP17日目

日の振り返り】

基本的に修養というものが出来ていない

短期間にある程度の量がある物を学ぼうとしている以上、負荷がかかるのは当然

ならば出来ないことを一つ一つあげつらうよりも、やることはあるはず

出来ないならば、繰り返す努力をする。その努力をする覚悟をする。

初見で分からないからといって、無駄に熱くならない。

やりたいと思う熱意があるなら、自覚的に心をコントロールして冷静にする

 

習事項】

◯ authenticate_user?

deviseの機能の一つで、ユーザーがログインしている状態かしていない状態なのかを

判断することができます。それによりログインしていないユーザーを強制的に

画面移動などを実装できます。


◯ render

リダイレクトと似ていますが、実行した際直接ビューに遷移させることが来ます。

リダイレクトはルート、コントローラーを通るため実行した処理が反映されますが、

直接ビューに遷移させることにより、記入ミスなどの変更しない場合に使用できます。

  

◯ select

HTMLでプルダウンを実装することが出来る

 

◯ option

プルダウンの選択肢の部分を表示できる

 

◯ デル.where.not(id: current_user.id).each do

モデルの中で、current_user.idのidを持っているものは、対象外となると記述することが出来る。

<% User.where.not(id: current_user.id).each do |user| %>

◯ hidden 

typeとして設定すると画面上表示されないinput要素を作成することが出来る
記載はtype="hidden"と記述する

<input name="room[user_ids][]" type="hidden" value=<%= current_user.id %>>

 

◯ pry-rails

Gemの一つでダウンロードすることによって binding.pryを使って

一時停止をすることが出来るようになる。

 

◯ t.references

migrateファイルに、t.referencesを記入することで、他のモデルに使用している

カラムをforeign_key :true を使用して活用することが出来ます。

create_table :room_users do |t|
t.references :room, foreign_key: true
t.references :user, foreign_key: true
t.timestamps
end

201021思考の整理

日の目標】

今日、自分を変えることにチャレンジしなかったら、きっと後悔するような日。

毎日どの日も特別な日なんて無い。だからこそ自分で特別な日に変える。

 

0秒思考の練習】

散と集約を繰り返す行為

車が目の前を過ぎ去るように、過ぎ去ろうとした思考を言葉にする行為

 

◯:題目 思考の種となったもの

△:飛躍 思考の本流から伸びた枝葉

□:感想 閑話休題、まとまらないまとめ

 

◯ を強くするための行動

・身体を強くする

・”徳”を意識しての行動

身体:風邪、怪我などの物理的なものに強くなることで継続できるベースをつくる

徳 :自分の設定した価値(他人から生じた価値でもいい)に従って行動する

   正しいことをしているという自己肯定感

  →今のところ2ヶ月、早朝の公園でゴミを5分だけ拾っている。

   自分よがりだが、この街に住む人間として行動していると感じる。

 

◯ った通りにするとは?

・自分の中に仮説を持ち、それに従い行動できる

・わがまま?

・自分に一貫性を持つ

・思った通りにするとは、一見自分勝手のわがままのように感じられる。

 ただし、それは自分の一貫性を押し通した場合である。

 私に対する相手にも仮説があり、自分にも仮説があった場合のみ、

 二人の仮説を検証したりすることで摺り合わせが出来る。

 私に仮説が無い場合は、ただ相手に合わせる同調しか出来ない。

 なので自分の仮説を持たなければ、ずっと相手に同調するしか選択出来ない。

 

◯ 葉を尽くすために

・言葉を書く練習をする

・言葉を書いて、その意味を知る

・意味を知り、類義語・対義語を知る

・言葉を取り出すための、本棚の検索量を増やす。

・私が、私の心が、見つけた言葉をとっておきたくないですか?

 

◯ びを強めるために

・好奇心

プログラミングにおいて

 ・技術的な向上心  = クール

 ・クリエイトしたい心= 熱

  →クールに熱をもって挑戦する

 

◯ 別をなくすためには?

・知ることをする

 ・原因 :何が要因となり発生しているのか

 ・紐解き:問題を”点”ではなく”線”で捉える

 ・解決 :何が出来るのか?個人的アップデート

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ・共有 :個人的アップデートした人たちと、共有して世界に繋げアクションする

・学校教育などを通して、きっと個人的アップデートまで済んでる人たちが多い。

 想定として、個人をアップデートして全体を変えようとしたの分からない。

 けれども、そこから踏み出す行動が出来ない。

 だからこそ共有して、アクションに繋げることを私はしてみたい。

201020アウトプット 16日目

TECHCAMP16日目

標】

 

学ぶことは自分のためでもあるが、このプログラミングは結果的に

誰かに与えるものと考える。その先にあるまだ見ぬ人に与えるための技術。

誰かのためにしている行為ととらえる。

丁寧な見やすいコード、視認性のいい書き方をする。

習事項】

◯ 間テーブル

中間テーブルは各モデル間のデータをやり取りする際に、多対多になる際に使用します。両者間に生じるやりとりだけをするテーブルとなります。

## room_users テーブル

| Column | Type | Options |
| ------ | ---------- | ------------------------------ |
| user | references | null: false, foreign_key: true |
| room | references | null: false, foreign_key: true |
### Association

- belongs_to :room
- belongs_to :user

 

◯ README

READMEはアプリの仕様についての説明するものです、レールズでアプリを作る際に自動で生成され、記述にはマークダウンを使用します。
# README

 

◯ Dependeabot

DependeabotはGitで脆弱性があった場合更新されるものをさします。

 

◯ YUI3 Yahoo! User Interface Library

リセットCSSを設定するために使用します。

CSSに書き込むことで使用する事ができます。 

<link rel="stylesheet" type="text/css"

 

◯ box-sizing

boxの大きさを指定する任意の大きさでワイド寸法を固定できます。
%とvhに関しては、%は親要素に対しての基準となるので横の寸法を決めるときに使用されやすいです。vhは表示画面いっぱいなどで考えるので、高さに使用されやすいです

.rooms {
background-color: #2F3E51;
height: calc(100vh - 100px);
padding: 0 20px;
overflow: scroll;
}

 

◯ text-decoration: none; 

text-decorationは文字の装飾がデフォルトであるものを消すためのものです。
aタグでリンクをビューに表示させるため、下線がデフォルトで設定されているので、それを表示がから消すために利用しています。

.user-name a{
color: #fafafa;
font-size: 16px;
text-decoration: none;
}

 

◯ label要素

フォームの中で、親要素と子要素を関連づけるためのものです。
関連付けにより、親要素をクリックすることで連動して子要素もクリックされたことになります

<div class="form-input">
<input class="form-message" placeholder= "type a message">
<label class="form-image">
<span class="image-file">画像</span>
<input type="file" class="hidden">
</label>
</div>

 

◯ overflow: scroll;

スクロールが必要になるだろうという想定から、オーバーフローを導入しました。子要素が重なり視認性が悪くなることを防ぐためなので、記述はその親要素に行います

.rooms {
background-color: #2F3E51;
height: calc(100vh - 100px);
padding: 0 20px;
overflow: scroll;}

 

日の振り返り】

 

本当に何かを変えたいと思って挑戦をしているか?

ここで自分を変えることにチャレンジしなかったら、必ず後悔する。

本当に挑戦をする。

自分が主人公の脚本は、自分にしか書けない。書け。

絶対に”やりぬく” もっともっと挑戦する。

 

201020思考の整理

日の目標】

人から刺激を受け入れられるように、自分を柔らかくする

 

0秒思考の練習】

散と集約を繰り返す行為

車が目の前を過ぎ去るように、過ぎ去ろうとした思考を言葉にする行為

 

◯:題目 思考の種となったもの

△:飛躍 思考の本流から伸びた枝葉

□:感想 閑話休題、まとまらないまとめ

 

◯ のために挑戦をするのか

・変える

 →自分の思考方法・行動を変える

 →世界に局所的な熱狂を産み出し、世界の考え方をアップデートさせる

価値を叩きつける

 →丁寧を打ち出す

丁寧 = 精密な技術(技) * 思いやり(魂)

 →文化 =   人が人(次世代の)を思って生活を重ねたもの

      結果的に積み重なった「こうなら便利じゃね」の利己的な結果

 

◯ 日より、今日をよくしてみるには?

・昨日の思考日記の読み返し

・何が良かったのか、何が悪いのかを点数化

自分の行動を確認できるようにする(=鏡を持つ)

・鏡が無い事には比較ができない

→行動を見返しができるように、日記等に行動をチェックする

 

◯ 戦したい事を明確化するために

・何を自分の中に取り入れたいのか決める

3年後どんな肩書きを身に付けたいのか?

・身に付けるための行動プラン

→ゴールからの逆算で全体像の把握

→全体像から割り振られる、具体的な時間の算出